抗癌作用との因果関係 | 大きくなる股間~バイアグラは股間の神様~

抗癌作用との因果関係

がん治療に対する研究は常に行われていて、様々な方向からアプローチが行われています。中でも近年話題になりつつあるのがED治療薬として有名なバイアグラを、お茶と一緒に服用することで抗癌作用が確認されたという報告でしょう。これまでバイアグラを服用していた方からすると嬉しい報告であり、また癌治療に励んでいる方からしても希望の光とも言えます。そもそもバイアグラとは体内に存在する酵素の働きを抑制することで勃起がしやすい環境にしてくれる効果を持っています。同時に血管を拡張するためより勃起がしやすくなり、ED治療として使われている理由になります。お茶にはエピガロカテキンガレートという成分が多く配合されており、このエピガロカテキンガレートは癌細胞とタンパク質を結合させ、機能させなくし死滅させるという特徴的な抗癌作用が確認されています。しかしながら体内にある酵素がこのエピガロカテキンガレートに作用してしまい抗癌作用を抑制してしまいます。この状況をどうにか回避できないかと考えた末に登場したのがバイアグラであり、抗癌作用が抑制されないため効果的な癌細胞の死滅を期待することが出来ます。

実際に様々な研究が行われており、抗癌作用の他に血管の拡張作用によって心筋梗塞や脳卒中といった血管にかんする病気の予防にも効果があると言われています。医学的にも効果が認められている成分なため大きな可能性を秘めているといえるでしょう。