胎児への影響 | 大きくなる股間~バイアグラは股間の神様~

胎児への影響

EDで子作りが上手くいかないという方も多いでしょう。不妊症では無いものの中々子作りが出来ないというのは非常にもどかしいものです。幸いEDには有効性が認められている治療方法があります。その方法としてバイアグラを処方した治療があります。バイアグラは勃起がしやすい環境に変えることができ、これによって性行為が改善されます。バイアグラを利用して子作りに挑むという方も実は多く、バイアグラを利用して性行為を行なうと胎児への影響があるのではという根拠の無い噂もあります。そもそもバイアグラとは勃起がしやすいように環境を整えてくれるもので、その仕組は精子に影響があるものではありません。男性の体では常に勃起しては困るために酵素によって必要なければ勃起が抑制されます。この抑制が何らかによって固定化されたり、力が強くなることで勃起が出来ないEDになってしまいますが、バイアグラの主成分であるシルデナフィルはこの酵素の働きを抑える効果があります。これによって酵素の働きが弱くなり、勃起がしやすくなります。

バイアグラの仕組みさえ知っていれば胎児への影響が無いことは明らかで、実際に精子の奇形率や染色体の異常確率が上がるという報告はされていません。そのため安全にバイアグラを利用して子作りに励むことが出来るでしょう。もし心配であるのであればバイアグラを処方してもらう時に医師に相談してみるのも大切です。医学的な面から説明を受けることが出来るでしょう。勿論これは男性が使用したときの話であって、バイアグラを女性に利用した場合は確認されていないため何とも言えません。